Clinic-Net 2020年の施工事例を写真で紹介します

Clinic-Net 2020年の施工事例

2020.09.23 大阪府 眼科クリニック様(新規開業 / LAN配線約90本)を追加

2020年に施工したLAN集合部の様子を写真でご紹介します。
Clinic-Netでは放熱性とメンテナンス性に優れたサーバーラックに通信機器を設置することを推奨しています。雑然とした配線が見えることを嫌って情報盤の中に通信機器を隠す施工をよく見かけますが、熱がこもりやすいので機器の寿命と動作の安定性に悪影響を与えますし、メンテナンス性もあまり良くありません。

写真のサーバーラックは10U(幅565x奥行600x高さ600mm)と12U(幅565x奥行700x高さ700mm)の2タイプで、10Uタイプは少し幅が広い袖机くらいのサイズ感です。しっかりと整理された配線に見苦しさはほとんどありませんので、院内ネットワーク環境をビシッと整えたい先生にはサーバーラックがオススメです。

大阪府 眼科クリニック様(新規開業 / LAN配線約90本)

大阪府で10月に新規開業される眼科クリニック様のLAN集合部で、場所は手術準備室です。サーバーラックは12Uタイプ、集合部からのLAN配線は約80本と平均的な施工本数の約2倍です。当社が設置した通信機器はひかり電話アダプタ1台、ルーター1台、スイッチ3台(1台は別フロアに設置)、電子カルテメーカー設置分がルーター1台、スイッチ2台の計8台です。小型ONU使用しているのでACアダプタが1台減り、機器の台数は多いもののラック内はかなりスッキリしています。

サーバーラック整線サーバーラック背面LAN集合部壁面

大阪府 眼科クリニック様(新規開業 / LAN配線約50本)

大阪府で7月に新規開業される眼科クリニック様のLAN集合部で、場所は処置室の一角です。サーバーラックは10Uタイプ、集合部からのLAN配線は約50本と多めですが、48ポートスイッチを使うことで30〜40本配線時と同じONU1台、ひかり電話アダプタ1台、ルーター1台、スイッチ2台の計5台で収まっています。

サーバーラック整線サーバーラックアップサーバーラック背面LAN集合部 壁面

茨城県 耳鼻咽喉科クリニック様(新規開業 / LAN配線約40本)

10月に茨城県で新規開業されるクリニックのLAN集合部で、場所は受付後ろのバックヤードです。サーバーラックは10Uタイプ、集合部からのLAN配線は約40本、余長を少し長めにして背面メンテナンスをしやすくしています。通信機器はONU1台、ひかり電話アダプタ1台、ルーター1台、スイッチ2台の計5台です。

サーバーラックサーバーラックアップサーバーラック背面LANケーブル余長壁に寄せた状態

埼玉県 耳鼻咽喉科クリニック様(新規開業 / LAN配線約30本)

5月に埼玉県で新規開業されたクリニックのLAN集合部で、場所はこちらも受付後ろのバックヤードです。サーバーラックは10Uタイプ、集合部からのLAN配線は約30本です。通信機器はONU1台、ひかり電話アダプタ1台、ルーター1台、スイッチ2台の計5台です。

サーバーラック前面整線LAN集合部 壁面開口部アップLAN集合部 壁面開口部

静岡県 泌尿器科クリニック様(改装 / LAN配線約20本)

改装に伴い院内ネットワークの再構築をされたクリニックのLAN集合部で、場所は院長室です。再構築前はかなりカオスな状況でした。既設配管の容量が少なくLAN集合部への集約が難しかったため、主要な部屋にアクセススイッチを設置してLAN集合部への配線が少なくなるように設計しました。サーバーラックは10Uタイプです。

静岡県泌尿器科クリニック様Before静岡県泌尿器科クリニック様After


サーバーラックを活用した院内ネットワーク構築をご希望の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 院内ネットワークを安定させる方法(動作環境温度)

    院内ネットワークを安定させる方法(動作環境温度)

  2. ヤマハ ネットワークイノベーションフォーラム 2018 アワード授賞式

    ヤマハ ネットワークイノベーションフォーラム 2018にて優秀事例賞を…