イチオシの追加セキュリティ対策ソフト「SandBlast Agent for Browsers」

SandBlast Agent for Browsers

クリニックのためのセキュリティ対策入門ガイド。
全てのクリニックにおすすめできる、導入が容易で費用対効果の高い追加セキュリティ対策ソフト「SandBlast Agent for Browsers」を紹介します。

  • 実は危ういセキュリティ対策の実状
  • 「多層防御」でセキュリティを高めよう
  • フィッシングサイトへ実際にアクセスして効果を確認
  • デメリット
  • PC1台分の利用料金は年間約3,000円です
  • まとめ
  • この記事を読んで下さった方への特典

実は危ういセキュリティ対策の実状

クリニックのPC環境を拝見すると、Windows Defenderやウイルスバスターなどのセキュリティ対策ソフトだけでマルウェアやフィッシングサイトへの対策が行われている場合がほとんどです。

実はこの状況、最後の水際対策が唯一の防御手段という危うい状態で、例えるなら深刻な感染症が海外で発生した際に検疫が入国時しかないようなものです。

「多層防御」でセキュリティを高めよう

マルウェアの感染経路は主に3つあります。

  • ウェブサイト経由
  • メール経由
  • 外部媒体経由(USBフラッシュメモリなど)

この主要3経路のうち、SandBlast Agent for Browsersはウェブサイト経由のセキュリティ対策に特化したソフトで、アンチウイルス機能・フィッシング対策機能・オフィス文書やPDFの無害化機能を持っています。

Internet Explorerなどのウェブブラウザの追加機能としてインストールするのが一般的なセキュリティ対策ソフトとの大きな違いで、既存のセキュリティ対策ソフトと併用した「多層防御」でセキュリティを高めることができます。

入国時だけでなく出国時にも検疫をすれば、感染症の侵入をより確実に予防できるのと同じ理屈です。

フィッシングサイトへ実際にアクセスして効果を確認

下の画像は実際に来たフィッシングメールのリンクをクリックした時の様子です。SandBlast Agent for Browsersがフィッシングサイトであることを検知してブロックしています。

フィッシングサイトをブロック

もしSandBlast Agentがフィッシングサイトを検出できなかったとしても、従来のセキュリティ対策ソフトがまだ後ろに控えているので安心ですね。

デメリット

SandBlast Agent for Browswersはセキュリティを高めるのに有用ですが、デメリットもいくつかあります。

1. ファイルのダウンロードが遅くなる

セキュリティ対策ソフトと違い、ダウンロードするファイルをいったんサーバーに送ってスキャンを行うため、ダウンロード完了までに時間がかかります。

スキャン対象となるのはダウンロードの確認ダイアログが出るファイルやPDFの表示時くらいで、ウェブサイト閲覧時にブラウザが自動でダウンロードする画像やHTMLは対象外なので、実際に遅さが気になる場面は限られています。

2. 対応ブラウザは2種類

インストールできるのは、Google ChromeかInternet Explorerのいずれかになります。Firefoxなどをお使いの場合はウェブブラウザの変更が必要ですが、これらを使われる方はITに強い方が多いので、こちらも問題になることはあまりありません。

PC1台分の利用料金は年間約3,000円です

当社では「5年ライセンスのPC3台分セット」を最小単位で販売しており、導入に必要な初期投資金額は約45,000円になります。

もちろん1年間有効なライセンスを1台分から販売することもできるのですが、非常に割高になってしまうため、あまりおすすめはできません。

少し高く感じるかもしれませんが、PC1台分の年間利用料金は約3,000円なので市販のセキュリティ対策ソフトと同じくらいの金額です。購入ライセンス数が5ライセンス以上になる場合は、より割安な価格になります。

まとめ

クリニックのセキュリティ対策は、できることから実施して少しずつ充実させていきましょう。
繰り返しとなりますが、セキュリティを高めるうえで重要なのは対策を複数用意して「多層防御」を構築することです。

最初からUTMやセキュリティスイッチも導入することが出来ればベストですが、当面はSandBlast Agent for Browsersでセキュリティ対策を2つ用意し、予算が確保できた時点でUTMやセキュリティスイッチを導入するのも良いステップアッププランです。

最後にClinic-Netでおすすめしている導入シナリオをひとつご紹介します。

マルウェア対策ソフトはWindows 10標準搭載のWindows Defenderを利用し、従来のセキュリティ対策ソフト用の予算でSandBlast Agent for Browsersを導入する

追加予算なしで確実にセキュリティを高められるので、これから開業するクリニックだけでなく、既に開業済みのクリニックにも最適です。

この記事を読まれた方への特典

この記事を読まれた方にはもれなく全員に「SandBlast Agent for Browsers 5年/3ライセンスパック(3台分)」を20%オフで提供いたします。
新規にClinic-Netをご契約いただいたお客様については、5年/3ライセンスをプレゼントいたします。

導入・お見積もりをご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

  1. Adobe Flash Playerの更新方法について詳しく解説します

    Adobe Flash Playerの更新方法について詳しく解説します…

  2. Adobe Readerの更新方法について詳しく解説します

    Adobe Readerの更新方法について詳しく解説します

  3. Javaの更新方法について詳しく解説します

    Javaの更新方法について詳しく解説します

  4. 通信ログ監査レポート

    「通信ログ監査レポート」について詳しく解説します